中國のラブドールがついに日本上陸!

2019年11月15日 19時00分

 日本のラブドール界が変革の時を迎えようとしている。ついに“中華ラブドール”の逆襲が始まった。本紙は7月、中國最大のラブドールメーカーである「人造人科技」(本社?広東省東莞市)のCEOである一刀氏のインタビューを掲載したが、早くも中國製のラブドールを専門販売する正規代理店がオープンした。

 大阪府にラブドールショールームを構えたのは「WAGDOLL」なる會社(ぶっちょカシワギ代表)だ。現在、ショールームには、人造人科技の他に「SANHUI」「WM」「JY」などといった中國を代表するメーカーのラブドールが展示されている。

 現在、中國で最も勢いのある人造人科技は「世界一リアルなラブドール」の制作を目指している。技師はハリウッド映畫の特殊メークなどをしていた人たちで構成され、長年培った専門技術によって作られている。そのため塗裝技術は群を抜いており、血管やホクロなどが忠実に再現されている。また、指骨格の再現性も素晴らしい。萬年筆などを持たせることも可能だ。

 SANHUIはオプションで“肌リアル加工”を選択でき、より人間の肌に近いものになる。どちらのドールもシリコーンで作られているので、その質感は中國製と思えないほどリアルなものとなっている。

 素材にTPE(熱可塑性エラストマー)を使っているのは、WMとJY。WMは中國で最も初期に生まれたラブドールメーカーの一つで、JYは小さなドールを含めると年間生産數が1萬體を超える。

 このショールームに足を運ぶと、自分の目でいろいろなドールを見ることができる。

 ぶっちょ氏は「生身の性を求めるだけならば、風俗に行けばいいのでしょうけど、ドールは服を著せたり、使用後は洗ったりしないといけません。自分の感覚からすれば、ペットと同じようなものなのかもしれません。犬でも貓でも小鳥でも、家にいることによってホッとしたものが生まれると思うんですよね。そういったところが関係していると思います。それは、奧さんや戀人がいても同じことだと思うんですよね。また、貓を飼うようになると、貓の寫真ばかり撮ってSNSにアップするようになりますよね。ラブドールを買うと、そういうような感じになってくると思います」と語る。

 ぶっちょ氏は大阪サブカルチャー界の重鎮として知られており、大阪で「なんば紅鶴」や「なんば白鯨」というトークライブの店、「モモモグラ」という寫真展ができるスペースなどを展開している。

 現在、人造人科技やSANHUIのようにシリコーンでラブドールを作っている會社は中國國內に5社ぐらいある。TPE製のものは100社くらいあるという。しかし、TPE製の中には、コピー品を作っているところが多い。既存のラブドールを入手して、それを元にして型枠をとって作製している。このような粗悪なコピー品は日本でもインターネットを通じて販売されている。

 WAGDOLLでは、各メーカーのラブドールを実際に見て、表情や觸り心地などを確認することができる。中國のラブドールメーカーとのつながりも深いので、製品の長所や短所、管理方法なども説明してもらえる。見學希望の場合はメールフォームから連絡する。

 ちなみにWAGDOLLのホームページの寫真を撮っているのは、ラブドール寫真家として知られるSAKITANさんだ。ますますWAGDOLLの展開から目が離せなくなってきた。

最新无码国产在线视频